2013年01月14日

憲法 芦部信喜(4)

今回は芦部先生の「憲法」(岩波書店)の第4章 平和主義の原理をまとめていきます。過去の記事に関しては憲法-芦部信喜のタグを参照ください。

憲法に関しては自民党の新憲法草案に関して興味を持って見ています。
はっきり申し上げて、かなり危険な部分があると感じています。
それは国防軍のことではなく、このシリーズので既に触れた「立憲主義的特色」に関する記述やあるいは小室直樹「日本人のための憲法原論」の記事をよめば理解できるとおもいます。
新憲法草案に関しては
数学屋のメガネ様(http://blog.livedoor.jp/khideaki/)のこちらの記事
あるいは
自民党憲法草案の条文解説(http://satlaws.web.fc2.com/
を読んでみてください。
また、この問題に関しては別のところで書くかもしれません。

憲法 第五版

新品価格
¥3,255から
(2012/12/25 15:53時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

マル激トーク・オン・デマンド「あの政権交代は何だったのか」

先日アナウンスいたしましたマル激(http://www.videonews.com/on-demand/)の選挙前の放送のまとめです。
5金の無料放送回の動画を取り上げますので、登録されてない方もご視聴できます。
今回はパート1のみをとりあげますが、内容は三年前の民主党へ政権交代をした時の選挙の分析と今回の選挙に関しての考察となっております。
ゲストの中野晃一さんは比較政治学がご専門で、靖国に関する本なども書いてらっしゃいます。私は読んでませんが、友人のすすめではかなり良書ということらしいので興味のある方は是非よんで見てください。

パート2に関して触れられている記事(http://blogs.yahoo.co.jp/saihikarunogo/33832604.html)がございましたので、参考までに上げておきます。

タイトル:あの政権交代は何だったのか
司会:神保哲生
ゲスト:中野晃一(上智大学国際教養学部教授)
動画:http://www.videonews.com/on-demand/601610/002599.phpのパート1

ヤスクニとむきあう

新品価格
¥2,625から
(2013/1/13 15:11時点)



増税は誰のためか <神保・宮台マル激トーク・オン・デマンド Vol.9>

新品価格
¥1,470から
(2013/1/13 15:15時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メディア・リテラシー 井上泰浩(4)

井上泰浩の「メディア・リテラシー」(日本評論社)の第4回目です。
前回の話は、日本のテレビ-新聞の系列というのは特異なものであり、それは政治的な理由からそのような構造になったという話でした。
今回は「二章 メディアの特質と産業構造」のつづき「電波の希少性と許認可制度」に関してまとめたいと思います。
メディア・マスコミの情報を鵜呑みにすることの恐ろしさを取り扱う記事として
「マスコミの暴走」様(http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/
こちらの記事が参考になります。
興味のある方は読んでみてください。メディアリテラシーの重要性が改めてわかると思います。

この本に関するほかの記事に関してはメディア・リテラシー-井上泰浩のタグを参照ください。
また、重要だと思う箇所のみ取り上げますが、込み入った説明や詳細に関しては用語のみを取り上げ説明を省かせていただく場合がありますので、詳しく知りたい方はこの本あるいは他のWEBサイト等を参考にしてください。

メディア・リテラシー―媒体と情報の構造学

中古価格
¥116から
(2012/12/24 11:40時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

落書

また、新しい本を買ってしまいました(笑)
税理関係の本と企業診断の本

ホントは教育学の本をもとめて、ブックオフまで行ったのですが学校教育の本とか、エセ教育論っぽいほんしかなかったあせあせ(飛び散る汗)

もっと、科学的な教育論の本がほしい。。。
posted by きょうよくん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

落書

情報の仕入れ先として、一時代前はテレビと新聞が主だったと思う。
もちろん、いろんな批判がありつつも未だに重要な位置にあることは間違いない。

一方で、言うまでもなくネットから情報を得るということがかなり一般的なやり方として認知されているように思う。お年寄りやおじさんおばさんはどうかまではわからないが30代より下であればこれは正しいだろう。

ネットから情報を得るということと、大手メディアから情報を得ることの大きな違いは「一次情報」にあると思う。
大手メディア(というよりも、ジャーナリストたち)はわたしのような小市民よりも情報源にアクセスすることも多くまたその能力は段違いに高いことは言うまでもない。
もちろん、ネットから一次情報が発信されることも多くなってきていることも留意する。

続きを読む
posted by きょうよくん at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。