2012年12月28日

日本人のための憲法原論 小室直樹(1)

さて、先日アナウンスしましたように政治に関する本を取り扱うことに致します。まとめ易さや前提知識の量、情報量などを勘案した結果
「日本人のための憲法原論」小室直樹(集英社インターナショナル)
を取り上げることに致します。憲法原論とあるだけに憲法の話が中心となりますが、そこから社会の問題、政治の問題へと広がる著書でありますし、「政治」のカテゴリとして取り扱うことに致します。
小室直樹先生は私の好きな学者・評論家であり、その弟子には宮台真司さんなどがおります。
小室先生の本は、総じて理解しやすく、また、機知に富んでいて、それでいて新しい視点を与えてくれるものが多いと思います。
今回取り上げる本も、憲法学というおどろおどろしいものがメインテーマですが、口語で編集者との対話形式で語られており、また、かなり平易に書かれていますので法律の勉強をしたことがなくても理解は難しくないように思います。
また、最近であれば、「国防軍」や「憲法改正」など話題になっていて、その点においても今まさに読み直しておきたい本といえると思います。
では、早速一章をまとめていきたいと思います。
*この本は2001年に出版されたものであり、「最近」などの単語はその当時を指していることに注意してください。

日本人のための憲法原論

新品価格
¥1,890から
(2012/12/28 15:44時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。