2013年02月13日

日本人のための憲法原論 小室直樹(6)

小室先生の「日本人のための憲法原論」の6回目です。
今回の第6章のタイトルは「はじめに契約ありき」です。

前回の最後の方でもふれましたが、日本人が民主主義や資本主義を理解するためには「契約」ということをきちんと理解しなければならないと小室先生はおっしゃいます。
今回はその契約に関連して、社会契約説で有名な「18世紀を支配した男」ジョン・ロックのお話です。

過去の記事はこちらのタグを参照ください。

日本人のための憲法原論

新品価格
¥1,890から
(2012/12/28 15:44時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

日本人のための憲法原論 小室直樹(5)

小室先生の「日本人のための憲法原論」の5回目です。
余談ですが、この記事が一番アクセス数が多く、小室先生の本を愛読している私としては嬉しい限りです。

前回は、カルヴァンの説いた予定説の大革命の話でしたが、今回はそれに引き続き民主主義や資本主義がどのように導入されていったかという話です。
タイトルは「民主主義と資本主義は双子だった」です。


過去の記事はこちらのタグを参照ください。

日本人のための憲法原論

新品価格
¥1,890から
(2012/12/28 15:44時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

日本人のための憲法原論 小室直樹(4)

小室先生の「日本人のための憲法原論」の4回目です。
前回は、議会や憲法の成立には民主主義は関係がなかったというはなしでした。
今回のタイトルは
第4章 民主主義は神様がつくった!?
です。
細かいところは割愛しますが、できるだけ大意をつかめるようにまとめていきますので読んでみてください。

過去の記事はこちらのタグを参照ください。

日本人のための憲法原論

新品価格
¥1,890から
(2012/12/28 15:44時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

日本人のための憲法原論 小室直樹(3)

前回は裁判の話や、リヴァイアサンの話でした。今回は議会の話です。
先日取り上げた小林よしのりさんの動画でもそうですが、社会と憲法というのは深いつながりがあり政治などの理解にも憲法の知識というのは役立つものだとおもいます。
逆に、言論の自由など基本的な概念を取り違えると、とんちんかんな話をしてしまいますし、教養人たるもの押さえておきたい知識ですね。
では、「日本人のための憲法原論」(小室直樹)第3章 すべては議会からはじまった をまとめていきたいと思います。
過去の記事はこちらのタグを参照ください。

日本人のための憲法原論

新品価格
¥1,890から
(2012/12/28 15:44時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

日本人のための憲法原論 小室直樹(2)

小室先生の憲法学をまとめていきます。前回は憲法改正の議論の前に、憲法が死んでいるのか生きているのかを見て、死んでいるならそれを蘇らせる方法を探ろうという話でした。
自民党へ政権交代が行われ、憲法改正論議が行われている今だからこそ読むのにちょうどいいと思います。
このシリーズのほかの回は日本人のための憲法原論-小室直樹のタグを参照ください。
*この本は2001年に出版されたものであり、「最近」などの単語はその当時を指していることに注意してください。

日本人のための憲法原論

新品価格
¥1,890から
(2012/12/28 15:44時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。