2013年02月02日

国際法 松井芳朗(1)

お知らせで述べたように、出張中の特別版で国際法の本を取り上げさせていただきます。
著者は松井芳朗、佐分晴夫、坂元茂樹、小畑郁、松田竹男、田中則夫、岡田泉、薬師寺公夫氏らの共同著書ですが、タイトルでは松井芳朗氏の名前だけ記述させていただきます。

本書は有斐閣の法律に関する定番の有斐閣Sシリーズの一つで国際法に関するものです。
標準的なテキストとして定評のある本で、基本的なことから多少細かいところまでまとめつつ、コンパクトな仕上がりになっています。国際法を最初に取り上げるにはよい本だと思います。

今回は、2007年の第五版を元にまとめますので、少し古い記述もあるかとおもいますがご了承ください。

国際法 第5版 (有斐閣Sシリーズ)

新品価格
¥2,100から
(2013/2/2 09:46時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

憲法 芦部信喜(6)

芦部先生の憲法の第6回目です。
今回は「第六章 基本的人権の限界」をまとめていきます。
ここまでよみ進めてきた読者の方々であれば、法律がとっつきにくいものであるという感覚はもはやなくっていることでしょう。
それだけ、本書は初学者にとって読みやすいようにかかれています。
もちろん、これが全てではないのは当然ですが。

過去の記事に関しては憲法-芦部信喜のタグを参照ください。

憲法 第五版

新品価格
¥3,255から
(2012/12/25 15:53時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

憲法 芦部信喜(5)

今回は芦部先生の「憲法」(岩波書店)の第5章 基本的人権の原理をまとめていきます。過去の記事に関しては憲法-芦部信喜のタグを参照ください。
(最近知ったのですが、自民党憲法草案の作成に関わっている片山さつき氏は芦部先生のお弟子さんだったのですね。)

言うまでもなく、基本的人権は大変重要な概念であり、それが脅かされるような法律、憲法は注意深く見る必要があります。
それでは、どのような概念であるか、見ていきましょう。


憲法 第五版

新品価格
¥3,255から
(2012/12/25 15:53時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

憲法 芦部信喜(4)

今回は芦部先生の「憲法」(岩波書店)の第4章 平和主義の原理をまとめていきます。過去の記事に関しては憲法-芦部信喜のタグを参照ください。

憲法に関しては自民党の新憲法草案に関して興味を持って見ています。
はっきり申し上げて、かなり危険な部分があると感じています。
それは国防軍のことではなく、このシリーズので既に触れた「立憲主義的特色」に関する記述やあるいは小室直樹「日本人のための憲法原論」の記事をよめば理解できるとおもいます。
新憲法草案に関しては
数学屋のメガネ様(http://blog.livedoor.jp/khideaki/)のこちらの記事
あるいは
自民党憲法草案の条文解説(http://satlaws.web.fc2.com/
を読んでみてください。
また、この問題に関しては別のところで書くかもしれません。

憲法 第五版

新品価格
¥3,255から
(2012/12/25 15:53時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

憲法 芦部信喜(3)

今回は芦部先生の「憲法」(岩波書店)の第3章 国民主権の原理をまとめていきます。過去の記事に関しては憲法-芦部信喜のタグを参照ください。
また、小室先生の国家や社会と憲法との関係はこちらのタグの記事も読んでみてください。

憲法 第五版

新品価格
¥3,255から
(2012/12/25 15:53時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。