2013年02月05日

ルーマン社会システム理論 ゲオルク・クニール(7)

ルーマンの社会理論の解説の第7回目です。
今回は、マトゥラーナやヴィレラが適用できないと述べていた、社会システムに対するオートポイエーシスの適用に関してです。
前回の論点でも述べましたが、創発性や構造的カップリングという語を理解することはできていますでしょうか?
創発性は、質的に新しいレベルでの秩序レベルの出現をさし、また構造的カップリングは互いに依存しつつ互いに環境であるような二システム間の特殊な関係をさします。
具体的な例は前回の記事にあります。
新しい概念が次々と出てきますので、一つ一つ正確に理解するように努めていきましょう。

過去の記事に関してはルーマン社会システム理論-ゲオルク・クニールのタグを参照ください。

ルーマン 社会システム理論 [「知」の扉をひらく]

新品価格
¥2,625から
(2013/1/1 10:02時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 16:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

ルーマン社会システム理論 ゲオルク・クニール(6)

ルーマンの社会理論の解説の第6回目です。
前回は、マトゥラーナが導入したオートポイエーシスの概念に触れましたが、今回はその応用です。だんだん複雑になってきましたが、このあたりがルーマンの味がでてくるところなので頑張って理解しましょう。

過去の記事に関してはルーマン社会システム理論-ゲオルク・クニールのタグを参照ください。

ルーマン 社会システム理論 [「知」の扉をひらく]

新品価格
¥2,625から
(2013/1/1 10:02時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

ルーマン社会システム理論 ゲオルク・クニール(5)

連続となりますが、ゲオルク・クニール「ルーマン社会システム理論」の五回目です。
3章の2.システム理論の新たな発展をまとめたいと思います。

なお、このまとめの概要は私の運営しているwiki「講義ノートProj」にも、掲載する予定です。そちらでは、理系の分野のまとめもお香予定ですので、興味があればどうぞ。記事を載せたい方も募集しております。


過去の記事に関してはルーマン社会システム理論-ゲオルク・クニールのタグを参照ください。

ルーマン 社会システム理論 [「知」の扉をひらく]

新品価格
¥2,625から
(2013/1/1 10:02時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

ルーマン社会システム理論 ゲオルク・クニール(4)

ゲオルク・クニール「ルーマン社会システム理論」の四回目です。
前回は、ヴェーバー、デュルケームへのシステム理論からの批判という内容をまとめましたが、今回からは第三章に入ります。三章のタイトルは「社会システム理論」となっております。
ここからが本題といった感じでしょうか。

なお、このまとめの概要は私の運営しているwiki「講義ノートProj」にも、掲載する予定です。そちらでは、理系の分野のまとめもお香予定ですので、興味があればどうぞ。記事を載せたい方も募集しております。


過去の記事に関してはルーマン社会システム理論-ゲオルク・クニールのタグを参照ください。

ルーマン 社会システム理論 [「知」の扉をひらく]

新品価格
¥2,625から
(2013/1/1 10:02時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

メディア・リテラシー 井上泰浩(5)

井上泰浩「メディア・リテラシー」第2章 メディアの特質と産業構造の続きです。
前回は、電波の希少性のよる産業の保護ということと、リモコンによる視聴態度の変化の話でしたが、今回はTV局の主な収入源であるコマーシャルに関してです。
とりわけ昨今では、花王不買デモなど、如何にスポンサーがTV局に影響を行使しているか認識されているところと思います。

本章では、その重要性を再確認しましょう。

この本に関するほかの記事に関してはメディア・リテラシー-井上泰浩のタグを参照ください。
また、重要だと思う箇所のみ取り上げますが、込み入った説明や詳細に関しては用語のみを取り上げ説明を省かせていただく場合がありますので、詳しく知りたい方はこの本あるいは他のWEBサイト等を参考にしてください。

メディア・リテラシー―媒体と情報の構造学

中古価格
¥116から
(2012/12/24 11:40時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。