2012年12月26日

経済思想 八木紀一郎(4)

引き続き、日本経済新聞社から出ている経済思想(八木紀一郎)の第三章 成長と配分の法則 十九世紀のイギリス古典派 をまとめます。過去の記事は経済思想-八木紀一郎のタグを参考にしてください。

経済学入門シリーズ 経済思想<第2版> (日経文庫)

新品価格
¥966から
(2012/12/18 14:09時点)





続きを読む
posted by きょうよくん at 18:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

経済思想 八木紀一郎(3)

引き続き、日本経済新聞社から出ている経済思想(八木紀一郎)の第二章 経済の骨格と再生産 古典派経済学の誕生 をまとめます。過去の記事は経済思想-八木紀一郎のタグを参考にしてください。

経済学入門シリーズ 経済思想<第2版> (日経文庫)

新品価格
¥966から
(2012/12/18 14:09時点)




続きを読む
posted by きょうよくん at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

経済思想 八木紀一郎(2)

前回に引き続き、日本経済新聞社から出ている経済思想(八木紀一郎)の第一章 経済の発見 重商主義時代の経済学 をまとめます。

経済学入門シリーズ 経済思想<第2版> (日経文庫)

新品価格
¥966から
(2012/12/18 14:09時点)




続きを読む
posted by きょうよくん at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

経済思想 八木紀一郎(1)

経済思想 八木紀一郎(日本経済新聞社)を取りあげたいと思います。 

経済学入門シリーズ 経済思想<第2版> (日経文庫)

新品価格
¥966から
(2012/12/18 14:09時点)




この本は日本経済新聞社の出している経済思想の歴史的経緯とその背景に関して解説している本です。
経済思想の歴史的な記述が変遷が主な内容であるため各章ごとにその流れを外観し、疑問点などがあればそれを上げていく形式にしたいと思います。
なお、この本をお持ちでない方でもある程度理解できるよう心がけますが、全てをとりあげるわけではありませんのでご了承ください。

今回は「序章 経済思想への招待」です。
続きを読む
posted by きょうよくん at 15:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。