2013年01月09日

読書候補20130109

今、社会カテゴリで社会システム理論に関するゲオルク・クニールの入門書を扱っています。
入門書とはいえ、内容は抽象的かつ高度でなかなか理解に苦しむのですが、何年もかけていろいろなシステム理論の著書を読んでますのでそろそろなんとかして理解したいと思っております。
そこで、ゲオルク・クニールを終えたあとも社会システム理論に関する他の書籍も取り上げたいと考えています。(もちろん、それだけでなく他の社会に関する本も取り上げますが)

今回はその候補です。
続きを読む
ラベル:読書候補
posted by きょうよくん at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書候補 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

読む本の候補20121224

始めて一週間、すぐにはアクセス数は増えないだろうとおもっていたのですが、アクセス解析をみると予想に反し多くの方に読まれ、また多くの方がrssへご登録していただいているようで大変嬉しく感じているところです。
まだ、分野としては、社会と経済に関する事しか取り上げてございませんが、同時並行で読んでいる本、あるいは過去に読んだ本を考えますとそろそろ法律か政治あたりを取り上げたいと考えています。
ただ、政治に関してはまとめるのが大変なものが多くどの本を取り上げるか迷っているところです。
今の所でいくつか考えている候補をあげます。

・日本人のための憲法原論 小室直樹(集英社インターナショナル)
憲法言論という名前ですが、憲法論から政治の話を解説している本です。ただ、憲法や民主主義の解説が多いため、網羅的な内容ではありません。

日本人のための憲法原論

新品価格
¥1,890から
(2012/12/24 18:25時点)




・新版 現代政治理論 キムリッカ(日本経済評論社)
政治の基本的な概念用語を理論面から解説している本です。内容は網羅的で丁寧に解説されているため初学者でも比較的読みやす本だと思います。こちらはページ数が多いので、詳細にとりあげる場合は長期にわたってしまい、あるいは、省略して取り上げるには行間がかなり空いてしまうかとおもいます。

新版 現代政治理論

新品価格
¥4,725から
(2012/12/24 18:33時点)




・日本政治の同時代的読み方 山口二郎(朝日新聞社)
一時期、橋本市長との論戦で話題になった山口先生が書いてらっしゃる本です。未読ですが、日本政治史的な記述が多くまとめかたに困りますが、日本の政治に対する問題提起とその処方箋が書かれている本であるようですしいずれ取り上げたいと思っている本です。

日本政治の同時代的読み方

中古価格
¥60から
(2012/12/24 18:40時点)




・アレント 公共性の復権 川崎修(講談社)
ハンナアレントの全体主義に関する思想を解説した本です。読みやく良書だと思いますが、対象がアレントの思想のみです。

現代思想の冒険者たちSelect アレント 公共性の復権

新品価格
¥1,575から
(2012/12/24 18:45時点)




・新板 戦後政治史 石川真澄著(岩波新書)
日本の政治の流れを、歴史に沿って解説している本です。基本的な知識として日本の政治の流れを把握しておくには良い本だとおもいます。ただ、まとめるとすると事実の羅列が多くなってしまうかもしれません。

戦後政治史 第三版 (岩波新書)

新品価格
¥945から
(2012/12/24 18:48時点)




キムリッカの本の簡略版のような本があるとよいのですが、手持ちにはなく、書店でもなかなかいい本が見当たりません。
ほかにも政治に関する本を持っていますが、アメリカ政治のみであったり、すこし古典的な本であったりと初めに取り上げるには適さないものがおおいきがします。

なにか良い本、できればはじめは基本的な概念を浅く網羅的に触れているような本、がございましたらコメント欄にでもご示唆いただけるとそれも対象に考えたいと思います。
ラベル:読書候補
posted by きょうよくん at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書候補 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

読む本の候補20121216

いくつか同時並行で読んでいきたいと思いますが、今読んでる最中の本で紹介しようかなと思う本をいくつか。
あまり重たいものは内容に触れず簡単な紹介ですませるかもしれません。

・行政法要論(全訂第3版) 田原尚彦著(学陽書房)
現在読みすすめ中の本。ジャンルは行政法。

行政法要論

新品価格
¥3,465から
(2012/12/16 13:01時点)



・バカの壁 養老孟司(新陽書籍)
かなり前にはやった本。未読。なぜか手元にあるのでそろそろ読んでみようかと。

バカの壁 (新潮新書)

新品価格
¥714から
(2012/12/16 13:06時点)



・メディアリテラシー 井上泰浩(日本評論社)
だいぶ前に読みました。内容はほとんど忘れております。

メディア・リテラシー―媒体と情報の構造学

中古価格
¥134から
(2012/12/16 13:14時点)



・数学序論 藤野晴一編著(学術図書出版社)
以前に誕生日に頂いたもの。嫌がらせかと思いましたが、読んでみると意外と面白い。

数学序論

新品価格
¥1,365から
(2012/12/16 13:17時点)



・日本倫理思想史
読もう読もうとおもって積ん読状態だった本。この機会に読もうか・・・

日本倫理思想史

中古価格
¥2,400から
(2012/12/16 13:18時点)



・経済思想 八木紀一郎(日本経済新聞社)
今読んでいる本。薄いけど教科書的なので概略の紹介は時間がかかってしまうかも。

経済学入門シリーズ 経済思想<第2版> (日経文庫)

新品価格
¥966から
(2012/12/16 13:21時点)



・マルクス経済学と近代経済学 屋嘉宗彦著(青木書店)
途中まで読みました。

マルクス経済学と近代経済学

新品価格
¥2,835から
(2012/12/16 13:24時点)



・刑法総論 野村稔編(青林書院)
刑法の概略。既読。

刑法総論 (現代法講義)

中古価格
¥700から
(2012/12/16 13:27時点)




ちょっと自然科学系が数学ぐらいしかないですが、ほかに一般気象学か物理科学の本あるいはゲーム理論、コンピュータ関係も。哲学もどれか取り上げるかもしれません。
はじめのうちは持っている本を中心に紹介したいと思います。
ラベル:読書候補
posted by きょうよくん at 13:33| Comment(0) | 読書候補 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。