2013年02月13日

高校微積のちょっと上(1)

微積分に関する解説を書きました。数式をガチガチつかっていますので、私の運営するWiki「講義ノート共有Proj」の「高校微積のちょっと上」のページにて説明しています。
参考文献は色々あるのですが、基本的にはこちら

解析教程・下 新装版

新品価格
¥2,625から
(2013/2/13 15:51時点)



解析教程(下)を参考にしています。歴史的な展開も触れられている良書ですので、興味があれば読んでみてください。


今回は第2回までです。

微積分は高校でもならいますが、金融や経済あるいは自然科学の理解には欠かせないツールとなっています。それらがだんだん高度になってきてきちんと理解するには、デルタイプシロン論法など基本的な数学の概念を知っておく必要があります。
この講座では、大学でならう微積分学の基本的なところを紹介しつつ、数学が関係する本を読み進める能力を高めていただければと思います。

今回第1講と第2講では、講座の目的として「イプシロンデルタ論法をマスターすること」を説明し、数列の極限に関して書きました。
今回の記述だけでは多分理解はばちっと理解するのは難しいとおもいますが、次回以降の記事も参考に読みすすめて頂ければ感覚がつかめるようになると信じております。

わかりにくい点などあったらwikiのコメント欄に書いていただけたら、修正等の参考にいたします。
ラベル:講座 微積分
posted by きょうよくん at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。