2013年02月02日

金融論 日向野幹也(4)

金融論に関してあらたにまとめました。
数式を使うため、連携しているwiki「講義ノート共有Projのこちらのページですの第4章の(1)です。

今回は、貨幣数量説の数量的な解説です。八木先生の「経済思想」の本のまとめシリーズでも貨幣数量説に関して触れましたが、こちらの本の解説のほうがわかりやすいかも知れません。
また、貨幣ヴェール観に関する若干の説明もあります。

金融論 (新経済学ライブラリ)

新品価格
¥1,890から
(2013/1/26 19:42時点)


posted by きょうよくん at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。