2013年01月21日

落書

週末、風邪で更新できませんでした。

ちょっと、まとめかたに関して考えておりまして、今の方針は
・大意がわかる程度に本の言葉そのまま
・私の解釈はできるだけいれないで、解釈は読んでいる方に任せる
・独特の言い回しや、重要な用語以外の用語で調べればすぐ出そうなものは省略
という考えでまとめています。
なので、綿密な学習をするというより、著者がだいたいどのようなことを述べたいのかを伝えることに重点を置いています。
(綿密な学習を行いたい方は、そのうち講義形式の記事を挙げるかもしれません)

で、これでもだいぶ省略して書いているのですが、なかなか時間がかかってしまう。
まとめたい本(特にいま紹介している本より難易度の高い本)がたくさんあるのに、これではまとめ終わる頃にはおじいちゃんになってしまう。

で、もうちょっと省略しようかとおもうと、本の言葉で大意を伝えるのはむりっぽくて、私の加工した言葉になってしまうし、しかも、細かいところも知っているかた限定になるので読んでいただいている方に知識がほとんどつかない。
どうしたものか・・・

ひとつの方針としては、上の方針をまるまる投げてしまって、複数の本を参考にしつつ全部講義形式にする。
そうすれば紹介したい本のいいところを組み合わせて、しかも伝わる形で書く事ができる。
もう一つの方法としては、基礎知識だけ丹念に紹介して、ある程度記事がたまったらもっと省略した形でかく。ただ、これでもかなり時間がかかる。
あるいは、wikiなんかに移行して、複数人で編集することで、煩わしい基礎知識の紹介は分業にしてしまうか。ただし、これは編集人が集まらないと結局私一人でかくので変わらない。

いま、一番有力なのは、@ウィキ(特にこのwikiだと、数式がつかえる!!)に移行してしまう方法。
ただ、@ウィキは重かったり、使いにくい点(例えばlivedoor wikiより編集人が集まりにくい)もあるので他のフリーのwikiサービスで数式を使えるものも探している最中です。
【関連する記事】
posted by きょうよくん at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314588263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。