2013年02月27日

高校微積のちょっと上(3)

簿記1級を受ける友人に会計と簿記を教えており、更新が遅れてしまいました。(どうも、落ちたような感じですが・・・)
ちょうどその際に会計・簿記に関して(基礎的な)まとめて覚えるところを文書にまとめましたので、それに関しても後日アップいたします。

今回は、私が運営している「講義ノート共有Proj」の微積分学の講義に新たに第四回目の講義を追加しましたのでそのお知らせです。

今回は「収束・極限といくつかの例」というタイトルで、前回までに紹介した極限概念を新たに記号を使って述べ直し、その定義に沿った簡単な証明を二点紹介いたしました。
証明自体は難しくありませんが、厳密な定義に沿った証明という、小中高とはちょっと違うニュアンスの違う証明ですので楽しめるかとおもいます。

多少多忙となってきましたが、少しづつでも更新していきますのでご期待下さい。
なお、質問に関しての返信も遅れるかと思いますが、(答えるべきものには)できるだけ返答を差し上げますのでどしどし書いちゃってください。

解析教程・下 新装版

新品価格
¥2,625から
(2013/2/13 15:51時点)



タグ:微積分 講座
posted by きょうよくん at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。