2013年01月22日

日本人のための憲法原論 小室直樹(5)

小室先生の「日本人のための憲法原論」の5回目です。
余談ですが、この記事が一番アクセス数が多く、小室先生の本を愛読している私としては嬉しい限りです。

前回は、カルヴァンの説いた予定説の大革命の話でしたが、今回はそれに引き続き民主主義や資本主義がどのように導入されていったかという話です。
タイトルは「民主主義と資本主義は双子だった」です。


過去の記事はこちらのタグを参照ください。

日本人のための憲法原論

新品価格
¥1,890から
(2012/12/28 15:44時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メディア・リテラシー 井上泰浩(5)

井上泰浩「メディア・リテラシー」第2章 メディアの特質と産業構造の続きです。
前回は、電波の希少性のよる産業の保護ということと、リモコンによる視聴態度の変化の話でしたが、今回はTV局の主な収入源であるコマーシャルに関してです。
とりわけ昨今では、花王不買デモなど、如何にスポンサーがTV局に影響を行使しているか認識されているところと思います。

本章では、その重要性を再確認しましょう。

この本に関するほかの記事に関してはメディア・リテラシー-井上泰浩のタグを参照ください。
また、重要だと思う箇所のみ取り上げますが、込み入った説明や詳細に関しては用語のみを取り上げ説明を省かせていただく場合がありますので、詳しく知りたい方はこの本あるいは他のWEBサイト等を参考にしてください。

メディア・リテラシー―媒体と情報の構造学

中古価格
¥116から
(2012/12/24 11:40時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。