2013年01月13日

マル激トーク・オン・デマンド「あの政権交代は何だったのか」

先日アナウンスいたしましたマル激(http://www.videonews.com/on-demand/)の選挙前の放送のまとめです。
5金の無料放送回の動画を取り上げますので、登録されてない方もご視聴できます。
今回はパート1のみをとりあげますが、内容は三年前の民主党へ政権交代をした時の選挙の分析と今回の選挙に関しての考察となっております。
ゲストの中野晃一さんは比較政治学がご専門で、靖国に関する本なども書いてらっしゃいます。私は読んでませんが、友人のすすめではかなり良書ということらしいので興味のある方は是非よんで見てください。

パート2に関して触れられている記事(http://blogs.yahoo.co.jp/saihikarunogo/33832604.html)がございましたので、参考までに上げておきます。

タイトル:あの政権交代は何だったのか
司会:神保哲生
ゲスト:中野晃一(上智大学国際教養学部教授)
動画:http://www.videonews.com/on-demand/601610/002599.phpのパート1

ヤスクニとむきあう

新品価格
¥2,625から
(2013/1/13 15:11時点)



増税は誰のためか <神保・宮台マル激トーク・オン・デマンド Vol.9>

新品価格
¥1,470から
(2013/1/13 15:15時点)


続きを読む
posted by きょうよくん at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メディア・リテラシー 井上泰浩(4)

井上泰浩の「メディア・リテラシー」(日本評論社)の第4回目です。
前回の話は、日本のテレビ-新聞の系列というのは特異なものであり、それは政治的な理由からそのような構造になったという話でした。
今回は「二章 メディアの特質と産業構造」のつづき「電波の希少性と許認可制度」に関してまとめたいと思います。
メディア・マスコミの情報を鵜呑みにすることの恐ろしさを取り扱う記事として
「マスコミの暴走」様(http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/
こちらの記事が参考になります。
興味のある方は読んでみてください。メディアリテラシーの重要性が改めてわかると思います。

この本に関するほかの記事に関してはメディア・リテラシー-井上泰浩のタグを参照ください。
また、重要だと思う箇所のみ取り上げますが、込み入った説明や詳細に関しては用語のみを取り上げ説明を省かせていただく場合がありますので、詳しく知りたい方はこの本あるいは他のWEBサイト等を参考にしてください。

メディア・リテラシー―媒体と情報の構造学

中古価格
¥116から
(2012/12/24 11:40時点)



続きを読む
posted by きょうよくん at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。