2013年01月11日

落書

情報の仕入れ先として、一時代前はテレビと新聞が主だったと思う。
もちろん、いろんな批判がありつつも未だに重要な位置にあることは間違いない。

一方で、言うまでもなくネットから情報を得るということがかなり一般的なやり方として認知されているように思う。お年寄りやおじさんおばさんはどうかまではわからないが30代より下であればこれは正しいだろう。

ネットから情報を得るということと、大手メディアから情報を得ることの大きな違いは「一次情報」にあると思う。
大手メディア(というよりも、ジャーナリストたち)はわたしのような小市民よりも情報源にアクセスすることも多くまたその能力は段違いに高いことは言うまでもない。
もちろん、ネットから一次情報が発信されることも多くなってきていることも留意する。

続きを読む
posted by きょうよくん at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。